ToiMax

疑問だらけだ。

『マイナンバーカード』の紛失……起こるべき事態と対処法


平成27年度の10月より交付された『マイナンバーカード』。以前までは『マイナンバーカード』の誤送問題や政府による国民の管理制度の反発といった反応が多く占めていましたが、今では落ち着きを取り戻し、省庁や自治体も『マイナンバーカード』の活用を検討してきています。

そもそも『マイナンバーカード』とは、個人番号や個人情報が記載された本人確認の際、公的な身分証明書として活用することができるだけでなく、様々な行政サービスの提供を受けられるといったメリットが存在しています。

具体的には身分証明書の提示の際、例えば、あなたは身分証明書を提示する際には、どのような物を提示しますか?おそらく運転免許証が多いことでしょう。しかし中には運転免許証を持っていない方もいます。そういった方にとって、マイナンバーカードを持っているのは自らの証明になり、とても便利でしょう。

また、行政サービスを受ける際の手続きの効率化や住民票の取得、最近ではポイントを貯める事も出来ます。

ここ最近では自治体でも『マイナンバーカード』の活用を強く推し進めており、今後、『マイナンバーカード』は各方面で活用されることが期待されるでしょう。

しかし、そんな『マイナンバーカード』を持ち歩くことに不安を覚える方も多いのではないでしょうか?

マイナンバーカード』は個人情報の宝物。氏名、住所、生年月日、性別から顔写真まで。個人情報と考えれば頭に浮かぶ項目が幾つも入っており、もし紛失でもしたら、何か犯罪に使われる可能性も考えずにはいられないでしょう。

では、仮に『マイナンバーカード』を紛失してしまった際、どのような事態が想定されるでしょうか?また、その事態にどのように対処していけばいいのでしょうか?


●『マイナンバーカード』が紛失してしまった場合の起こりうる事態

マイナンバーカード』を紛失してしまった際、まず予想される事態は個人情報流出の懸念です。氏名、住所、年齢、性別が記載されているので、それを見ず知らずの他人に知られてしまい悪用される危険性があります。

また、『マイナンバーカード』の特長である個人番号についても悪用の恐れがあります。注意しましょう。

しかし個人番号の付いている『マイナンバーカード』は顔写真が付いているので、余程の事がない限り悪用される危険性はありません。

また偽造される危険性も少ないです。複雑で特殊な構造を持っているため、そう易々と同じ物は作れません。日本札が世界で一番偽造されにくい事を考えると、そこは信用していいのかもしれません。

また、ICチップにも必要最低限の事しか記録されていないので、プライバシーの流出でも安心。個人情報が記載されているので、絶対安心とは言い切れませんが……

利用にも暗証番号が必要なので、かなりセキュリティは高いです。


●『マイナンバーカード』が紛失してしまった際の対応法

マイナンバーカード』を紛失してしまった場合、再発行が可能になっています。ただ通知カードとマイナンバーカードによって、それぞれ手続きが変わっていきます。

通知カードの場合、警察に遺失届を提出して受理番号を受け取って下さい。その後、市区町村へ届け出を出した後に再発行の手続きへと進めていきます。

マイナンバーカードの場合だと、警察か市区町村に届け出を出した後、カードの機能を停止させるために、個人番号カードコールセンターへ連絡をする必要があります。その後、市区町村で再発行の手続きを進めて下さい。


●『マイナンバーカード』を用いられた事態への対処法

仮にマイナンバーカードを悪用された場合、どのような対処法を取ればいいのでしょうか?

悪用される例としては、個人情報を利用されること。また、マイナンバーカードの個人番号を利用されるケースです。

個人番号に関してはセキュリティが高く、万が一悪用される危険性を防ぐため、個人番号カードコールセンターに連絡して利用を停止させるという手段があります。

個人番号の一時利用停止は24時間365日受け付けているので、空いた時間にいつでもできます。

また個人情報の流出については、振り込め詐欺架空請求の被害に及ぶ懸念があります。

これに関しては家族と連絡を取り合い、また警察に相談するなどしましょう。

その他にもクレジットカードの不正利用や銀行を利用される懸念があり、これはマイナンバーカードを利用した際には一時停止をした方が良さそうです。


●まとめ

マイナンバーカードは利用の仕方によってはこれからの社会で非常に便利な物へとなっていくでしょう。しかし、扱い方を間違ってしまうと大変な事態へとなってしまいます。

悪質なトラブルを防ぐ為にも紛失への対応をキチンと知っておく必要があります。


●【おまけ】「通知カード」との違いは?

違いとしては「通知カード」は紙製で、マイナンバーカードはプラスチック製です。

また、「通知カード」には顔写真が付けれていません。他にも電子証明書の有効期限や臓器提供の意思表示などの情報が記されていないのです。

個人番号は「通知カード」にも書かれているのですが、身分証明書代わりや行政手続きの際にスムーズにいかないなどの不便さが見受けられますね。



【合わせて読みたい!】