ToiMax

身近にある悩みや疑問について答えます。

中国の傘のシェアリングエコノミーのまとめ

 

f:id:amjusmjggjm4582:20171111201142p:image

 

中国では自転車のシェアリングエコノミーが隆盛しているように、最近では傘のシェアリングエコノミーも登場して話題になっています。そこで中国のスタートアップを紹介しているサイトから傘のシェアリングエコノミーのスタートアップをまとめてみました。 翻訳はGoogle翻訳を利用したので、もしかしたら間違っている部分もあるかもしれません。あと意味不明な部分が多々あります。ご容赦ください。

 

丫丫伞

丫丫伞の傘は、住民と提携してより良い生活を促進するために、モバイルインターネットとインテリジェントなハードウェア技術の使用にコミットするインテリジェントな傘と傘のプラットフォームのソリューションプロバイダです。

 

企業:武汉优优无限信息技术有限公司

設立:2017.5 会社サイズ:10-15人

www.yysan.cn

 

有伞Usan

2017年6月に設立され、現在のエンジェルラウンド、3つの投資家より、約3000万元の資金調達に成功している。

有伞Usanは共有された傘のサービスプロバイダーであり大容量の取り外し可能なポンツーンモードで共有された傘を構築し、Alipay、WeChat、公開番号などのから簡単に借りることが可能。 "傘"スイープコードの借り傘。

 

企業:苏州晴雨智能科技有限公司

設立:2017.6 会社サイズ:30-50人

https://www.51jiesan.com/

 

 

mobrella漂流伞

2017年5月に設立され、現在のラウンド、9つの投資家より、約3700万元の資金調達に成功している。

 

mobrella漂流伞は、晴れた日の太陽の光から守る街の傘不足の問題を解決することを目指す共有の傘のサービスプロバイダーです。 ドリフトラフティング、無料の借りる傘、コミュニティ、ショッピングモール、建物を検索するアプレットの小さなプログラムを介してユーザーはまた、傘のポイントを持って、すぐに使用できる傘を無料で借りることができます。

 

企業:深圳市漂流伞科技有限公司

設立:2017.5 会社のサイズ:不明

http://www.piaoliusan.com/

 

春笋共享雨伞

2017年4月に設立され、現在のエンジェルラウンド、投資家から、約1,700万元の資金調達に成功している。

 

春笋共享雨伞の傘は、経済的モデルのスタートアップ、晴れた傘と一致するパイルベース、上海と北京Shangchaoとオフライン配信ポイントのためのホテル、小さなプログラムや公的預金を介してユーザーに提供する傘の傘レンタルサービスです。 あなたは年59元、または1日1ドルの傘の後、24時間以内で無料の傘を利用することができます。

 

企業:壳依(上海)信息科技有限公司

設立:2017.4 会社サイズ:15-30人

 

uu共享雨伞

2016年3月に設立され、現在のエンジェルラウンド、2つの投資家より、約1000万元の資金調達に成功している。

 

uu共享雨伞の傘は、迅速かつ簡単に傘の共有サービスを顧客に提供するために専用の傘共有APPサービス会社を提供するために捧げられている会社です。

 

企業:南京超踔网络科技有限公司

設立:2016.3 会社サイズ:30-50人

http://www.uusann.com/

 

橙伞 / 中科福瑞

2015年10月に設立された現在のエンジェルラウンド、投資家より、約500,000元の資金調達に成功している。


橙伞の傘は共有傘プロジェクトであり、2次元コードを借りて自由にスキャンできるだけでなく、傘、無料の携帯電話のインパルス機能がついている。

 

企業:宁波中科福瑞智能科技有限公司

設立:2015.10 会社サイズ:15-30人

http://www.chengsan.org/

 

 

搭伞

2017年5月に設立され、現在のシードラウンド、投資家より、約5000000元の資金調達に成功している。

 

主に観光地での傘の乗車、傘のケージを共有するホテルや他の場所を共有、消費者に日光よけの傘のタイムシェアサービスを提供しています。同時に、傘にはセルフタイマー機能が移植されています。中央から傘を開くと、セルフ・クラブ・ヘッドになります。

 

企業:搭伞(厦门)科技有限公司

設立:2017.5 会社のサイズ:不明

 

 

まとめ

まさか傘のシェアリングエコノミーだけでここまでのスタートアップが誕生しているとは思いもしませんでした。何より資金調達に成功している点もすごいですね。まだ若い企業でもここまでの資金を調達できるのはシェアリングエコノミーが成功している機運からでしょうか?このままだと思いもよらないシェアリングエコノミーのスタートアップが誕生しそうな予感。ちなみに日本では傘のシェアリングエコノミーはどうだろうか?可能性薄そう...